学生のころに、ホームステイなどで海外に短期的に行かれた方もいらっしゃると思います。
ホームステイ先の家族にようやく馴染んできたころに、帰国を迎え「もうちょっと居たかったなぁ」という経験をされたのではないでしょうか。

スポンサードリンク

ワーホリ制度(ワーキングホリデー)

こういった方でなくても、「一度くらい海外で暮らしてみたいなぁ」「長期滞在してその国のことをもっと知りたいな」というお考えの方は少なくないでしょう。
社会人の方で自立されている方だと、留学となるとなかなか働けないので困る方もいますね。

そんな方みなさんにオススメしたいのが、今回ご紹介する「ワーキングホリデー」通称「ワーホリ」です。
このワーホリという言葉、これからの記事にはたくさん出てきますので、ここで覚えてくださいね。
今回はこのワーホリの制度についてお話したいと思います。

ワーキングホリデーの制度を使うと、色々な条件はありますが「1年間」の期間限定で海外に滞在することができます。
ワーキングという言葉が示すとおり、条件はついてきますが働きながら滞在することができるのが、大きな特徴です。
現在、日本からワーキングホリデーの制度を使っていける国は以下の8カ国になります。

・カナダ
・オーストラリア
・ニュージーランド
・韓国
・フランス
・ドイツ
・アイルランド
・イギリス
の以上8カ国です。

各国で年齢制限などの諸条件があります。
また、基本的にワーキングホリデーを使っていけるのは一生のうち一回のみになります。
それではニュージーランドのワーキングホリデーについて見ていきましょう。

ニュージーランドの年齢条件は18歳〜31歳になっています。
31歳の誕生日の前日までに入国しなければいけません。
入国するにはビザの申請が必要ですね。
以前はニュージーランドの大使館に申請書類を持っていくか郵送するという方法でした。
現在は全てオンライン化されており、申請もオンラインで出来るようになっています。

申請はニュージーランドの移民局のサイトから行えます。
詳細についてはニュージーランド移民局のホームページを見てチェックしてくださいね。

さて、審査もおわりビザが発行されると、有効期間は12ヶ月です。
この間にニュージーランドに入国しないと、ビザは切れてしまいますのでご注意ください。
初入国の日から数えて、最大1年間、滞在することが可能になっています。
滞在期間の許可中にニュージーランドの国外へ出れ日本に一時帰国することもできるようになっています。
ただ、その帰国期間中も滞在期間の中に含まれ、延長はできないようになっていますので、あまり長居しないようにしなければいけませんね。

ワーキングホリデー提携国の8カ国の中に自分の行きたい国があった方は、さっそく各国のサイトをチェックしてみてはいかがでしょう。
次の回では、ワーキングホリデーのビザ申請についてのお話をしていきたいと思います。
チェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

ニュージーランド ワーキングホリデー:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://nz.m613.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。